TIL、「GPT-4搭載 AI音声ダッシュボード RECORiS」の開発を開始

ティ・アイ・エル (TIL)は14日、同社のAI音声ダッシュボード RECORiSにOpenAIの最新技術であるGPT-4の搭載を決定したと発表した。会話の要約や感情分析、会話のキーワード抽出などのGPT-4を活用した機能アップデートを行う。

RECORiSは現場の音声をスマートフォンアプリを通してテキスト化し、あらかじめ設定されたワードを検知することで、カスタマーハラスメントやパワーハラスメントの被害見逃しを防ぎ、コンプライアンス遵守に貢献してきた。

今回、OpenAIの最新技術であるGPT-4の搭載により、営業活動のパフォーマンス向上に繋がる機能開発を行う。

想定ソリューション
・営業内容の要約
会話内容が要約されることにより、日報や申し送りの時間短縮につながる。
また要点をまとめることに営業活動におけるアクションの明確化や顧客の満足度なども可視化を予定している。
・営業で活用されたキーワードの抽出/集計
会話で使われたキーワードを分析し、営業成果に貢献するキーワードを抽出する。
またそのキーワードは、データマーケティングのタグとしても活用の可能性がある。
・顧客の興味関心を抽出
会話から顧客の興味関心を持った事項を抽出する。
・会話の改善事項をサジェスチョン
会話の中でより訴求すべき内容や顧客への配慮についてサジェスチョンを行い、営業改善に役立つ。
・会話者の感情分析
RECORiSは顧客だけでなく、従業員も含めた双方の安全を実現するコンセプトから、両者の感情の起伏を見える化する。
単発の営業活動のみではなく、継続した計測によりモチベーションなど従業員のメンタル状況への貢献も期待している。

さらにREOCRiS with GPT-4とすでに企業が所有する1st Party Dataとの掛け合わせにより、エリア特性やよりパーソナライズされた情報の提供を可能にする。

関連URL

「REOCRiS with GPT-4」
ティ・アイ・エル (TIL)

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  2. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…
  3. 2024-2-16

    生成AIを通してファッションの新たな領域を切り開くイベント「TOKYO AI Fashion Week」開催

    ファッションとAIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組むOp…
  4. 2024-2-8

    パナソニック コネクト、検知対象の追加や精度向上が可能な AIカメラ9機種 取扱い開始

    パナソニック コネクトは7日、i-PROの業界初となる設置現場に応じたAI追加学習を可能とするAIア…
  5. 2024-2-5

    AIポータルメディア「AIsmiley」、”生成AIで業務改革ウェビナー”を限定開催

    アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、"生成AIで業務改革ウェビナー"…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る