トドオナダ、ChatGPTによるプレスリリース生成をより効率的にする機能をQlipperに追加

トドオナダは1日、同社が運営するPR効果測定サービスQlipperで、好評のChatGPTによるプレスリリース自動生成機能の使い勝手を大幅に改善する機能追加を行ったと発表した。

ChatGPTによる本文の指示変更やタイトル・概要の生成、段落作成機能を追加。これにより広報PR担当者のプレスリリース作成の時間と手間を大幅に削減できるという。

アカウント登録により、無料で本機能を利用できる。

【新機能1】本文の指示変更や再生成が簡単に
別案作成ボタンで簡単にプレスリリースを作り直すことができる。

【新機能2】タイトル・サブタイトル・概要の生成
イメージ通りの文章ができたらそのままエディターに反映できる。作り直しも簡単。

【新機能3】段落作成機能
段落を生成して差し込めるようになった。本文を詳細にしたい時に便利。

その他にもプレスリリースの印象を可視化する印象評価や、おすすめメディアがわかるリコメンド機能、参考記事などお役立ち機能が豊富にある。

今回の機能追加によって、さらに使いやすく、効率的なPRが可能になったという。

関連URL

「Qlipper」
トドオナダ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る