ウェル・ビーイング、「AIアシスタント」の追加機能でGhatGPTの返信が音声でも可能に

ウェル・ビーイングは17日、LINEでChatGPTがつかえる「AIアシスタント」における追加機能のリリースをした。「AI留学モード」では、LINEのボイスメッセージによる”音声入力”に新たに対応。さらに、GhatGPTの返信が、英語のテキストに加えて”英語の音声出力”も返信可能となった。

ビジネスシーンでの利用のほか、英語学習においてテキスト(リーディング)だけではなく、音声に触れリスニング力も強化したいと考えの人向けの機能。

今後は、中国語、韓国語、スペイン語、イタリア語、フランス語、などを多言語機能を順次リリースするほか、翻訳モード機能のリリースも予定している。さまざまなシーンで利用し、利用者の日常がより豊かになるウェル・ビーイングな社会に向けて、今後もさらなるサービス開発を進めていくという。

AIアシスタントは、ChatGPTがLINEのアプリ上にて簡単に利用できるサービス。OpenAI社のChatGPTのAPIを活用しており、内容はChatGPTと同じクオリティのサービスとなる。ChatGPTでの翻訳は、従来からある各種翻訳サービスを圧倒するクオリティでもあり、今回その機能を実装している。

AI留学モードでは、これまで同様に日本語/英語テキスト(または音声)でChatGPTへ質問をすると、回答が英語テキストでの返信となるほか、英語の音声の返信も設定することができる。

AIアシスタントは、LINEでお友達になるだけで、ChatGPTを一定回数無料で利用することができる。

LINEでお友達はこちら

関連URL

「AIアシスタント」

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る