TOKIUMインボイス、AI-OCRを活用しデータ化速度を向上

経理DXを推進するTOKIUM(トキウム)は16日、TOKIUMインボイスの請求書のデータ化にAI-OCRの活用を開始することを発表した。

データ入力する際に、AI-OCRをオペレーターの補助として活用することで、請求書のデータ化速度の向上を図る。また人では見落としやすいミスを軽減する効果も期待している。

TOKIUMは、支払い業務を完全ペーパーレス化する請求書受領クラウド「TOKIUMインボイス」や経費精算クラウド「TOKIUM経費精算」等のサービスを提供し、企業の支出にまつわる業務のDXを支援している。

従来は1枚の請求書に対し、オペレーターのみでデータ化を行っていたが、今後はオペレーターにAI-OCRを加えてデータ化の基盤を強化する。

これにより、データ化の速度が上がり、顧客がよりスピーディーに請求書の確認を行うことができるようになる。さらに、人が見落としやすい入力ミスの軽減を目指す。

なお、従来通り、データ化した値が不一致の場合は、2人目以上のオペレーターによって入力結果が完全一致するまでデータ化するため、精度の向上を図ることができる。

今後は、TOKIUMインボイスだけでなくTOKIUM経費精算やその他サービスでもAI-OCRを活用することも予定しているという。

関連URL

「TOKIUM」
TOKIUM

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る