オシンテック、海外法規制のトレンド解析ツール「RuleWatcher PRO」を販売開始

オシンテックは19日、海外法規制のトレンド解析ツール「RuleWatcher PRO」を、月額利用料1万円で販売開始した。

「RuleWatcher PRO」は、企業活動に欠かせなくなっている、海外の法制プロセス情報を、最新のテキスト解析技術で容易に収集・可視化することを可能にした。

温室効果ガスの排出やプラスチック汚染などの環境に関する規制や、生体認証などの新しいテクノロジーに絡む個人情報保護の規制は、目まぐるしく変化しており、国境を越えて多くの事業活動に影響を与え始めている。

海外展開を行う企業はもちろん、外国籍のユーザーのデータを扱う企業にとって、こうした規制への対応の不備は、大きな事業上のリスクとなる。また、そうした企業をクライアントに持つ法律家やコンサルタントなど、アドバイザリーサービスを行う人にとっても日々の情報入手が極めて重要になってきている。

このような環境下においても、多様な言語の膨大な情報源から、網羅的に最新の情報を追うことはこれまで大変な困難を伴ったという。

RuleWatcher PROは、G20の国々を中心に500を超える、議会・行政・司法、国際機関、大手NGO、金融機関等の一次情報に限定してクローリングし、最新のテキスト解析のテクノロジーを用いて、分類・可視化する国内初のソリューション。

RuleWatcher PROは、そのような課題を持つ海外輸出/海外拠点のある企業の担当者、国際弁護士、ESG投資コンサルタント、研究者におすすめだという。利用料金は、1アカウントあたり月額1万円(研究者・学生については、月額4980円のアカデミック割を適用)で提供する。

関連URL

オシンテック

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-28

    NTTドコモ、AI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI」に小祝さくら選手のレッスン登場

    NTTドコモは28日から、同社が提供するAI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI(ゴルファイ)」iO…
  2. 2022-1-28

    アジラ、行動認識AIエンジン「Asilla SDK」アップデート

    防犯セキュリティ向けに映像解析サービスを提供するアジラは28日、同社が提供する行動認識AIエンジン「…
  3. 2022-1-27

    芝浦工大、AIによる高精度な通信量予測で基地局の電力を再生可能エネルギーへ代替可能に

    芝浦工業大学は27日、工学部情報工学科の新熊亮一教授が、携帯電話基地局の通信量を精度高く予測し、それ…
  4. 2022-1-26

    エクサウィザーズ、AI写真サービス「とりんく」2022年4月リリース

    AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むエクサウィザーズは26日、画像認識AIを活用した…
  5. 2022-1-25

    パナソニック、三菱地所とロボットを活用した次世代型まちづくりを推進

    パナソニックは25日、少子高齢化における労働力不足の解決、街づくり・都市開発で効率的なロボット運用の…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る