アルタビスタライズ、AIとの英会話トレーニングを実現する「スピークエル」発表

アルタビスタライズは22日、AIとの英会話トレーニングを実現するAI英会話サービス「スピークエル」を発表した。

人工知能(AI)と対話を行うことで、実際のコミュニケーションに近い感覚で英語力を磨くことができる。

「スピークエル」は、最新の音声認識技術やChatGPTの自然言語処理を駆使し、高い精度でユーザーの声を認識し、自然な音声で適切な応答を提供するAI英会話サービス。

実際に存在するネイティブスピーカーと対話をするように英会話を練習することができ、また、リアルタイムにユーザーの文法のアドバイスや評価を提供し、自然な発音や表現力の向上に焦点を当てて継続的な改善を促す。

ユーザーはAIをカスタマイズすることで、29カ国、145の職業を組み合わせ希望にあう業界や国の特徴を持つAIと会話をすることができる。

実際の会話はAIが相手なので、良い面も悪い面も感情にとらわれることなく、常に柔軟に対応してくれる。よって恥ずかしがらずに好きなことを好きなだけ話すことができる。

またトークテーマも250以上のトピックを用意しているため幅広いジャンルの会話にチャレンジすることが可能。

このようなシミュレーションと改善を繰り返していくうちに、ユーザーは自信を持って英語を話すことができるようになる。

「スピークエル」は、試行錯誤の結果、AIとユーザーとの過去数ターンの会話を参照し、文脈を維持しながら最善のレスポンス速度を提供している。

AI英会話の利点はなんといっても、24時間いつでも利用できること。

レッスンの予約は必要ないので、自宅など好きな場所から都合の良い時間に、やる気が出た瞬間にすぐに英会話の練習が可能。

例えば、朝活や退勤後の自主学習に最適。このような意味で、「スピークエル」はユーザーの生活に合わせたシームレスな学習体験を提供できる。

さらに、一般的な英会話に比べてコストが低いため、経済的な負担を気にすることなく、英語のアウトプットの回数を増加させることができる。

関連URL

AI英会話「スピークエル」
アルタビスタライズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る