アフレル、20万円を切る仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム

アフレルは11日、AIを用いた画像認識技術を使い、部品・商品を自動仕分けする「小型ロボットアーム DOBOT Magician」のセットを発売すると発表した。

このセットは工場等での仕分け現場での活用と、AI自動制御を学ぶ高等専門教育機関に向けた産学応援対応となっている。新発売を記念し、期間限定での特別価格を設定した「AI仕分け自動化&学習 推進キャンペーン」を実施する。

製造業・流通業向け「AIワーク選別自動化セット」は、従来生産現場において人手で行ってきた小型部品・商品のワーク選別作業を、AI(機械学習)を用いた画像認識によりロボットアームで自動仕分けを行う。小型ロボットアームは人との協働作業が可能で、変更性、可用性に柔軟な対応が可能だという。

教育機関向け「AI(画像認識)商品仕分け学習セット」は、AIを用いた画像認識による小型ロボットアームを活用した、画像認識、仕分けシステム制御、機械学習、深層学習(Deep Learning)を学ぶセット。

関連URL

製造業・流通業向け:「AIワーク選別自動化セット」
教育機関向け:「AI(画像認識)商品仕分け学習セット」
アフレル

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る