ジーデップ・アドバンス、自社開発「G-works」の最新バージョン「G-works 4.0」リリース

AIとビジュアライゼーションのソリューションプロバイダであるジーデップ・アドバンス(GDEP Advance,Inc.)は22日、自社開発のAI向けソフトウェアバイナリコレクション「G-works」の最新バージョン「G-works 4.0」をリリースしたと発表した。

「G-works」はDeep Learning に使用される主要なフレームワークを、各世代の NVIDIA GPU に最適化してビルドしたソフトウェアの集合体。これらは Docker イメージと違い、コンテナ化されていない OS ネイティブなバイナリファイル群として構成されている。

ジーデップ・アドバンスのユーザーは継続的にリリースされる G-Works を必要に応じてインターネットを通じてダウンロードし、使用することが可能。ジーデップ・アドバンスでは「G-Works 4.0」を同社製品に実装した新しいDeeplerning BOXシリーズを5月 22日販売致する。

最新のG-Works 4.0では、Ubuntu 22.04とUbuntu 20.04に対応し、開発環境は CUDA 11.8.0 + cuDNN v8.6.0をベースとしている。最新のNVIDIA Compute Capability 6.0~9.0のGPU世代に対応しており、最新でハイパフォーマンスなGPUを面倒な環境設定作業を行うことなく届いたその日からAIの研究開発を開始することが可能。

Weights & Biases (ウェイツ・アンド・バイアスィズ:WandB (ワンドビー)は機械学習の実験条件、途中経過や結果のデータを保存、可視化、レポート化するための Python ツールで、開発者による記録作業の手間を大幅に軽減し、開発工程の効率化をもたらす。WandB は Pytorch やTensorflow をはじめとする、ほぼ全てのフレームワークの内部構造を直接サポートし、非常に少量の Python コード の追加で機能させることが可能。

また、ハイパーパラメータの自動スイープスクリプティングにも対応し、面倒なスイープパラメータ作成を開発者に代わって行ってくれる。スイープの実行は作成されたスイープパラメータセット定義に基づいて wandb agent と呼ばれるプロセスが、順次行ってくれる。各実験の結果は WandB サーバがデータを保存、可視化してくれるので、開発者は最終的に最適なパラメータの組み合わせを簡単に知ることができ、大規模データでの学習の前にこの実験を済ませておけば、より精度の高い学習結果に到達できる可能性が非常に高くなる。

ジーデップ・アドバンスはWeights & Biases, Inc.との業務提携により、G-Works 4.0 にWandBを標準搭載する。G-Works 4.0 搭載ワークステーションでは、マシンの起動と同時に Jupyter Lab とWandB ビューアを使った開発セッションのブラウザ画面が表示され、初めてWandB を使うユーザーも極めて簡単にその利便性を体感することが可能。

関連URL

ジーデップ・アドバンス

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る