Pros Cons、良品学習のみで外観検査を実現するAIソフトウェア「Gemini eye」の基本特許取得

製造業向け外観検査AIソリューションを手掛けるPros Consは22日、良品のみの学習で外観検査を実現するAIソフトウェア「Gemini eye」の基本特許を取得したことを発表したと発表した。

本特許は、良品のみで学習を行い、不良品を判別する外観検査AIソフトウェアについて取得したもの。

外観検査やAIの専門的な知識を保有しない方でも使いやすいソフトウェア構成にしており、「Gemini eye」として発売をしていく。発生頻度の低い不良品ではなく、良品だけを使うことで外観検査の自動化を実現できる。

また、少量やバラツキの多い良品画像でも安定的な不良検出ができる独自のAIアルゴリズムを搭載し、他にはない高精度な外観検査を実現している。

製造現場において、不良品の発生頻度は極めて低い一方で、傷やヘコミ・欠け・打痕などのバリエーションのある不良も絶対に見逃すことはできない。既存の画像処理技術だけでは複雑なルール設定が必要だったり、不良を教え込むAI手法では大量の不良品収集が必要だったり、現場の検査要求に応えるのは一筋縄ではいかなかった。

この現状を打破するため、同社は2020年4月、外観検査AI「Gemini eye」を発売。独自開発のAIアルゴリズムを搭載し、不良品を集める必要がなく、良品のみ学習で外観検査ができるソフトウェア。発売以来、支持を拡大し、日本を代表する大企業にも選ばれ続けている。本特許により、外観検査業務の更なる効率化を図ることができるようになるとしている。

本特許は、良品学習をベースとしたGemini eyeに関するもの。他にも教師あり外観検査AI「Gemini eye SV」や教師あり&なし統合外観検査 AI「Gemini eye Integration」など、様々なソフトウェア展開をしている。同社は今後も新機能の開発や改良に本特許を活用することで、同社にしか提供できない機能を拡充し、製造業界の生産性向上に貢献していくという。

■特許概要
特許番号:特許第7289427号
登録日:2023年6月2日
特許権者:株式会社Pros Cons
発明の名称:プログラム、情報処理方法及び情報処理装置

■提携先募集
現在同社では、Gemini eyeの更なる普及のため、以下の提携企業を募集している。
提携を検討する会社の担当者は、「問い合わせ」から連絡する。
・カメラ、照明、検査装置等のハードウェアベンダー
・Gemini eye販売パートナー企業
・自社製品にGemini eyeを搭載希望の企業

関連URL

Pros Cons

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る