ユニバーサルロボット、ダイヘン社の溶接現場向け協業ロボットシステムをUR+認証

ユニバーサルロボット(UR)は3日、ダイヘンが開発・製造する、溶接現場向けに特化した協働ロボットシステム「Welbee Co-R(Welbee Collaborative Robot system)」を、ユニバーサルロボット製協働ロボット(URロボット)の周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証したと発表した。

セットアップのしやすさ、使いやすさを特長とするWelbee Co-Rは、日本の溶接機メーカーでは初のUR+認証製品となり、2020年8月から販売が開始される。

溶接業界では、人手不足の解消施策としてロボットによる自動化が加速する一方で、中小規模の工場においては、「設置スペースの確保」「ロボット操作のスペシャリスト育成」「安全対策にかかるコスト」などがロボット導入の障壁となっている。これらの課題に対してダイヘンは、「ロボット専用スペース不要」「プログラム作成が容易で誰でも簡単操作」「安全柵が不要で既存ラインに導入可能」など、導入障壁を解消する解決策として、独自の溶接ノウハウを凝縮した「簡単な溶接教示」搭載の溶接現場向け協業ロボットシステム「Welbee Co-R」を開発した。

関連URL

URの「Welbee Co-R」製品紹介ページ
ダイヘンの「Welbee Co-R」製品紹介ページ
ダイヘン
ユニバーサルロボット(UR)

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る