スタジオユリグラフ、文書制作AIアシスタント「Xaris(カリス)」正式リリース

スタジオユリグラフは12日、AIライティングアシスタント「Xaris(カリス)」のβテストを終了し正式リリースした。

「Xaris(カリス)」は、「人が書く」ことを主体とし、書きたい内容を整理したり、執筆するための資料を代わりに検索したり、アンケートなどのデータを記事に直したりといった、執筆に必要となる細かな作業をサポート。専属アシスタントのように、ユーザー自身のオリジナルな文章制作をお手伝いする。

Xarisの機能

1)書きたい内容をヒアリング。質問に答えるだけで草稿が完成

「ヒアリングモード」は、書きたい原稿について伝えると、Xarisが内容を具体化するための突っ込んだ質問をしてくれる。あなたはその内容に答えていくだけで OK。ヒアリングが完了したら、Xarisがあなたの代わりに原稿を書いてくれる。

質問に答えづらい場合は、別の質問をするよう頼んだり、代わりにアイディアを出してもらうことも可能。音声入力にも対応し、まるでインタビューを受けているような感覚で原稿を書くことができる。

2)「Xarisに聞く」ボタンで、執筆の様々な悩みを解決

ツールバーの「Xarisに聞く」ボタンからは、執筆中の原稿に関する相談や質問をいつでも行える。

選択した文章に関する資料を検索してもらったり、続きに何を書いたらいいか提案してもらったり、しっくりこない文章をどう直せばいいかアドバイスをもらったり。

こちらも音声入力に対応し、画面の向こうに人がいるような感覚で相談できる。

3)文書はGoogleドキュメントやPDFで出力可能

制作した文章は、GoogleドキュメントやPDFの形で出力可能。ブログやWebメディアの記事だけでなく、社内回覧用のビジネス文書や提案書などにも活用できる。

その他、SEOの記事制作に特化した「SEO記事作成モード」を搭載。今後はLPやメルマガの執筆など、様々な用途に特化したモードを用意していく予定。

詳細な使い方については、7月18日~21日にかけて開催される「AI&ChatGPT展」のブースでも説明している。参加費は無料。参加申込み

関連URL

「Xaris」の利用登録
スタジオユリグラフ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る