東京エレクトロン デバイス、生成AIと社内情報の安全連携方法を学べる有償トレーニング提供開始

東京エレクトロン デバイスは20日、生成AIと社内情報を安全に連携する方法を学べる有償トレーニング「Try it! Azure OpenAI Service」を開始した。

大規模言語モデルを活用した生成AIサービスの利用は、業務効率化、新規事業開発、DX推進、社員教育などさまざまな効果が期待されている。徐々に企業への浸透が進む一方で、その利用には回答の信頼性、機密情報の漏えいや著作権侵害、個人情報の流出などの懸念があり、適切な対策を講じる必要がある。

「Try it! Azure OpenAI Service」は、Microsoftが提供している生成AI(Azure OpenAI Service)をMicrosoft Azure上で安全に社内利用するために必要なトレーニングを行うサービス。TEDでは社内情報を著作権侵害や情報漏えいなどのリスクも考慮した上で安全に生成AIと連携する方法を解説する。「Try it! Azure OpenAI Service」は、自社独自の仕様にカスタマイズする上で必要となるAPIやプロンプトエンジニアリングの基礎知識の習得、PoC(Proof of Concept)開発前のシステム環境設定や自社データとの連携検証が可能。

トレーニングはオンラインで実施。Azureのノーコード/ローコード開発プラットフォームであるPower Platform / Azure Logic Appsを使用して、社内データに関する問い合わせをTeamsのチャット機能を使って行う仕組みを学ぶ。学習で使用したサンプルソースは提供し、顧客環境の適用に関するQAにも対応する。

今後TEDでは、Azure OpenAI Serviceを使って社内ナレッジやFAQ、製品情報などを安全に利用し業務効率化を目指す企業を対象に、年間100社に「Try it! Azure OpenAI Service」トレーニングを実施する。さらに、生成AIの活用で学習した知見を生かして独自サービスの展開を目指す企業に対し、Microsoft Azureを利用した開発支援ならびにソリューション構築支援を行う。

■サービスメニュー
・ オンライン技術解説(2時間)
Azure OpenAI Serviceの使い方解説
APIの利用方法
プロンプトの活用
・Teamsや社内情報の連携、Azure Logic Apps解説
・お客様環境への適用方法QA

■提供価格
1社あたり30万円

「Try it! Azure OpenAI Service」

関連URL

東京エレクトロン デバイス

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る