生成AI活用普及協会、正式ブランドデザインにてWebサイト公開

生成AI活用の社会実装を目的にスキルの習得・可視化を推進する生成AI活用普及協会(GUGA)は22日、正式ブランドデザインにてWebサイトを公開したことを発表した。

Webサイトでは、開発進行中の認定試験・資格である「生成AIパスポート」の概要など、現時点の活動の進捗に関する情報について掲載している。

GUGAは、生成AI活用を社会に実装していくために、スキルの習得・可視化を推進する一般社団法人。認定試験の実施や資格の発行といった活動を通じて、生成AI活用が企業活動における普遍的なスキルとして定着することを目指している。当スキルの可視化は、企業における適正な人事評価に役立ち、会社員のキャリア形成や学生の就職活動などの一助になると考えられる。この実現においては、個人情報の流出、著作権の侵害といった注意点を加味し、官公庁や有識者、参画企業とともに正しい活用法やガイドラインを普及させていくことも重要と考えているという。

今回、GUGAは正式ブランドデザインとして「生成AI活用の社会実装を目的にスキルの習得・可視化を推進する」という使命を表現したロゴを制作した。並行に連なる3本の線の上に配置されたドットが少しずつ大きく、そして深い色へと変化していくシンボルには、生成AI活用が社会に少しづつ実装されていく姿を重ね、それをGUGAが推進していくという強い意志を込めている。この想いを官公庁や有識者、参画企業と共有し、GUGA全体が一体となり、生成AI活用の社会実装を推進していく。

Webサイトでは、開発進行中の認定試験・資格である「生成AIパスポート」の概要など、現時点の活動の進捗に関する情報を掲載している。現在受け付けしているウェイティング登録では、「私自身もAIの普及に取り組んでいる身として、ぜひ賛同したい」「スキルの可視化は企業、個人どちらにも需要のある内容だと思う」といったコメントを受け取っているという。

関連URL

ウェイティング登録フォーム 
生成AI活用普及協会(GUGA)

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る