士業の人、生成系AIに対する認知度は94.6% 使用経験は8.2% =ハッシュタグ調べ=

企業の収益拡大をサポートする中小企業診断士事務所ハッシュタグは22日、士業の人147名を対象に、生成系AI(ChatGPT等)の認知度や活用状況についてアンケート調査を行い、その結果を発表した。

士業の人の生成系AIに対する認知度は94.6%であったのに対し、使用したことがある割合はわずか8.2%に留まった。「知ってるけれども使用しない」「知ってて使いたいけどできていない」という意見が大半を占める結果になった。また、生成系AIを継続使用している士業の人は、全体の4.1%となっている。

「士業の仕事で生成系AIを活用しない理由」(n=127)の回答では、「信頼できない」「知識不足」といった回答があった。次点で「AIに対するネガ」「必要性を感じない」「勤め先で禁止されている」と続き、さまざまな理由から活用に踏み切れていない現状が示された。

「生成系AIはクライアントに価値を提供できているか」(n=12)という問いに対しては、83%が「価値があった」と回答した。さらに全体の半数が「自身の作業効率の向上により、本質的なクライアントの課題に対応する時間がとれる」と回答し、用途として事業計画書・会計書の作成、過去事例の収集と整理などが挙げられた。

[調査概要]
調査名:士業の生成系AI利用状況に関するアンケート調査
調査期間:2023年7月14日~7月21日
調査方法:インターネットでのアンケート調査
対象者条件:士業(弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、中小企業診断士)の方
有効回答数:147名
調査機関:ハッシュタグ調べ

関連URL

ハッシュタグ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る