manaable、ChatGPTなどAIにを利用した不正受験を防止する機能をリリース

manaableは8月30日、研修業界で問題になっている、ChatGPTなどのAIを利用した不正受験対策として、AIを利用した不正受験防止機能をリリースしたと発表した。

manaableを利用する団体様の多くが、自らの団体で、試験による専門職認定をおこなっている。ただし、専門職認定をオンライン受験にて実施する際、不正受験の防止を実現することが重要な課題となる。

AIを用いた不正受験は、ChatGPTの登場によって、専門職認定において差し迫った問題となっている。米国では、ChatGPTによる受験によりMBA、医師免許といった難関資格の合格ラインを突破した事例が出ている。同社のテストでも、manaableを利用している団体の専門職試験をChatGPTで回答した結果、80%以上の正答率を担保することが可能という結果が得られている。

manaableでは、受験中の不正操作(別アプリケーションの起動など)を検知することで、AIを利用した不正受験を防止する機能をリリースした。この機能により、不正防止が可能となり、manaableを利用している団体の試験の公平性を担保する。

manaableは、「すべての人の学びを可能に」のプロダクトビジョンを実現するために、今後もさまざまな技術を利用して、研修のDXを実現してくという。

関連URL

manaable

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る