ギブリー、「法人GPT」でプロンプトエンジニアリングをオンラインで学べる機能を提供開始

AIチャットボット、AI-FAQなどの業務自動化ソリューションを提供するギブリーは21日、ChatGPTを法人単位で活用できるプラットフォーム「法人GPT」で、ChatGPTを使いこなすための技術「プロンプトエンジニアリング」をオンラインで学べる「e-ラーニング」機能の提供を開始すると発表した。

同社は、2023年4月4日にChatGPTを活用した法人向けプラットフォーム「法人GPT」の提供を開始した。

ChatGPTなどの、大量のデータから言語学習を行い、人間にとても近い自然な文章を生成することができるGenerativeAIを有効活用し、業務改善に適切に役立てるためには、基本的な情報リテラシーに加え、自然言語を用いる対話型AIに対して精度の高いアウトプットを得るための技術「プロンプトエンジニアリングスキル」の習得が不可欠。

そこで、同社はChatGPTを適切に活用できる人材の育成を目的として、「プロンプトエンジニアリング」をオンラインで学べる「e-ラーニング」機能の提供を開始する。

社員がChatGPTを使いこなすテクニックや情報リテラシーを高めることで、より精度の高い業務効率化を実現することができるという。

■ポイント1
プロンプトエンジニアリングを段階的に学べるカリキュラム

IT業界未経験、AI活用未経験の方でも業務の中で「法人GPT」を使いこなすための知識やスキルを効率的に習得することを目指した学習カリキュラムを構成している。

基本的な情報リテラシー、ChatGPTの基本操作等のすぐに実務に活かせるスキルを初歩から体系的に習得できる。

また、「法人GPT」を業務効率化に活用する上でより高度な知識を求める方には、さらに応用段階の高度なカリキュラムも用意しております。それぞれの業務上の必要に応じて、段階的に学習することが可能。

■ポイント2
DX人材/エンジニア育成に特化した学習サービス「Track」を活用

本「e-ラーニング」機能は、同社が提供するDX人材/エンジニアの育成に特化したオンライン学習サービス「Track」を活用して提供する。

大手企業を中心として、のべ100社以上のDX人材/エンジニアの研修に採用された実績のあるLMS(学習管理システム)。オンラインシステムで完結するので、業務のスキマ時間を活用して手軽に学べる。

業務でのChatGPTの活用において生じる、利用方法の悩みや情報漏えいのリスクを、プロンプトエンジニアリングのスキルを習得することで解消し、業務効率化を推進することができる。

関連URL

「法人GPT」
「Track」
ギブリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る