Vaccano、デジタルクローンを制作できるプラットフォーム「永(EleClone)」リリース

Vaccanoは21日、デジタルクローン(会話が可能な分身AI)を手軽に制作できるプラットフォーム「永(EleClone)」を本格リリースしたと発表した。

Vaccanoは、デジタルクローンの制作・売買プラットフォーム「永(EleClone)」にアップデートを行った。永(EleClone)は、デジタルクローン(会話型分身AI)を誰でも気軽に制作することができる。

制作方法
デジタルクローンには3つの要素がある。
1.頭脳「対話AI」
2.身体「3Dモデル」
3.声「音声読み上げ」

制作する際には、これらの3つの要素を下記の順に作り上げていく。
1.各種情報の入力(名前等のプロフィール情報や経歴や個性、口癖の反映)
2.3Dスキャン(スキップ可、3Dデータの作成ご依頼はサイトからお受けしています。)
3.文章を読み上げ、録音

詳しくは以下のリンクから制作画面を開く。

制作画面

関連URL

「永(EleClone)」
Vaccano

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る