船井総研ロジ、物流企業向け最新AIドラレコ活用事例をまとめた資料無料公開

ロジスティクス・物流コンサルティングサービスを提供する船井総研ロジは25日、物流企業向けの最新のAIドラレコの活用事例をまとめた資料を無料公開した。

2021年はトラックにおける交通事故が1万4031件発生しており、そのうち車両同士の事故が1万2640件と約90%を占めている。また、その中でも約45%が追突事故だという。

追突事故が起きる原因としては、漫然運転や動静不注意などいわゆる運転に集中できていないこと、車間距離が不足しているという事があげられるが、それらはドライバーの運転の癖が大きく影響している。

資料では、運転者の癖を可視化・分析し根拠のある指導を行う方法を解説し、最新のAIドラレコの活用事例を紹介する。

資料のポイント
・そもそも、事故が起こる原因とは
・指導体制構築の課題
・従来とこれからの安全教育
・AIドラレコの活用事例

資料のダウンロード

関連URL

船井総研ロジ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る