エボラニ、自社データ×ChatGPTの「anybot for ChatGPT」で「Microsoft Teams」連携可能に

LINEミニアプリ・チャットボットの「anybot」(エニーボット)を提供するエボラニは24日、今年4月に公開した「anybot for ChatGPT」で、機能をアップデートし「Microsoft Teams」との連携が可能になったと発表した。

社内用のChatGPTを導入したいという要望が多い中で、実際に社内で利用されるかどうかに課題があった。すでに社内用チャットツールとして浸透しているMicrosoft TeamsでChatGPTを使えるようになることで、別にChatGPTを起動することなくシームレスに日常業務にChatGPTを組み込むことが可能となった。これにより、大幅な、業務効率の改善が可能となるという。

・Microsoft Teams連携のメリット
1.ChatGPTにログインせずにTeams上でシームレスなワークフローが実現
2.進行中の案件に関するタスクの把握ができる
3.それぞれの業務における担当者の確認がチャット上で完結
4.資料の管理場所が可視化できる

■anybot for ChatGPTとは
ChatGPTはすでに様々なビジネスで活用されている。一方で、ChatGPT単体では、古い情報に基づく誤った回答をしてしまうことなど、様々な課題があることが明らかになっている。ビジネスで活用するために、これらの課題を克服し、企業独自の情報を組み込んで最新の情報でChatGPTを活用することを実現した製品が、「anybot for ChatGPT」。

【10月31日まで無料キャンペーン実施中】
キャンペーンの申込

関連URL

「anybot」
エボラニ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る