シンカ、ChatGPTで通話内容をテキスト化して要約「カイクラGPT要約」リリース

コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」の開発・販売を行うシンカは24日、11月に「カイクラGPT要約」をリリースすると発表した。

「カイクラGPT要約機能」では、カイクラ上に記録された通話内容のテキストを要約し、通話者同士の感情のラベリングが可能になる。

コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」に、「カイクラGPT要約」及び「感情ラベリング」の機能が追加されることにより、顧客コミュニケーションの改善や、顧客対応満足度の向上、クレーム対応の見直しに活用できる。

また、「カイクラ」FaceTalkについても、ChatGPTを利用した「議事録作成」機能(仮称)を近日中にリリース予定。

「カイクラ」は、コミュニケーションプラットフォーム。電話/メール/ビデオ通話/SMSなど、様々なコミュニケーションアプリのやりとりを一元管理できる。

異なるコミュニケーション手段を用いても、顧客ごとにコミュニケーション履歴情報が整理された状態で閲覧できるので、担当者以外でもこれまでの経緯を把握した上での顧客対応することが可能になる。

関連URL

シンカ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る