スキルプラス、日本科学未来館で多言語接客するデジタルヒューマンサイネージを活用

デジタルヒューマン生成ソリューション「Meta Speaker」を展開するスキルプラスは27日、イベント・プロモーション、展示演出装置の設計・施工・保守、店舗企画・運営を行っているノムラメディアスが運営する、日本科学未来館内のミュージアムショップで、非実在のデジタルヒューマン中川 実玖(なかがわ みく)がガイドを務める「対話型多言語デジタルヒューマンサイネージ」の提供を開始したと発表した。

日本国内でも人口減少の局面に入り、労働人口の供給に制約が強まる一方、企業側の人材雇用のニーズやインバウンドの需要は年々増加している。そのような中、デジタルヒューマン活用による人手不足の解消および施設のDX化、UX向上を目的として、デジタルヒューマン生成ソリューションMeta Speakerによる多言語対応が可能な「対話型多言語デジタルヒューマンサイネージ」の提供を行う。

スキルプラス専属のAIタレントであるNEM(=Non Exsistent Member)と呼ばれる非実在のデジタルヒューマン中川 実玖(なかがわ みく)が日本語、英語、中国語、韓国語の4言語で、日本科学未来館のミュージアムショップのおすすめ商品を案内する。

日本だけではなく外国からの観光客も数多く訪れる日本科学未来館での、デジタルヒューマンをきっかけとした新しい顧客体験を提供していくという。

関連URL

スキルプラス

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る