クラフター、杵築市がChatGPTを活用する業務効率化ツール「Crew」の実証実験開始

クラフターは28日、同社が提供する、ChatGPTをビジネスで安全に活用する業務効率化ツール 「Crew」の大分県杵築市役所との実証実験を、11月から開始したと発表した。

杵築市はChatGPTの業務活用を検討するため、11月から「Crew」を利用した実証実験を開始することを発表した。クラフターが提供している、ChatGPTをビジネス利⽤で安全に活⽤する業務効率化ツール「Crew」は、この実証実験に選定された。

杵築市では、庁内業務の省力化に向けてChatGPT等の生成AIサービスの導入を見込んでいる。生成AIを起点としたサービスは必要な場面で適切に活用すべきものであると考えている一方で、情報セキュリティに対する理解度や職員の業務に対する積極性が改めて問われる技術・サービスでもあると受け止めている。

このため、生成AIサービスの活用にあたり、その特徴を理解した上でどのような活用用途が見込まれるか精査する必要があると認識しており、複数の生成AIサービスを検討してきた。その中で、特に組織内の資料を活用した生成サービスは、他の既存サービスでは提供が限られているため、今回Crewを選定することとなったという。

「Crew」の実証実験目的及び概要
・庁内のドキュメントに基づいた生成AIの利用法
・「Crew」の実証実験導入想定活用業務
・庁内の資料を元にして、新しい文書の起案や条例・規則に基づいたQ&Aの生成等

「Crew」は、企業・行政がChatGPTを手軽に安全に使えるサービス。
「Crew」は高度な権限管理やセンシティブな情報の検知、グループ共有、社内書類の管理等の機能が特長。

関連URL

「Crew」
杵築市
クラフター

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る