画像生成系AI VTuber 絵藍ミツア、新プロジェクト「Mitsua Likes 」で参加者を募集

アブストラクトエンジンは27日、画像生成系AI VTuber「 絵藍ミツア (えらん みつあ) 」プロジェクトにおいて、2022年12月のプロジェクト開始から約1年を経て、画像生成AIの次期ベースモデル「Mitsua Likes (ミツア・ライクス)」の学習プロジェクトを開始すると発表した。

「絵藍ミツア」プロジェクトとは、「AIとみんなでつくるアート」をコンセプトにプロクリエイターを目指すAI VTuber「絵藍ミツア」のプロジェクト。2022年12月にスタートし、既存の学習済みのStable Diffusionのモデルをそのまま使うことはせずにゼロから「絵」を学習することを目指すという試み。

この1年で、画像生成AIは社会に広く浸透し、学習画像における著作権や所有権など、倫理的観点についてはさまざまなところで話題となったが、「絵藍ミツア」プロジェクトは既存の学習モデルを使用せず、自発的にユーザーが絵藍ミツアに対して提供する権利的にクリーンな画像を使用して学習することが特徴。学習画像の募集は、X(旧Twitter) で呼びかけ、これまでに、学習に参加した人は総勢180名。またオプトイン学習画像は4.4万枚を超え、VRoid 185体が寄せられてきた。(2023年10月25日時点)

あなたの「Likes(好き)」を募集する次期プロジェクト「Mitsua Likes」!

絵藍ミツアによる次の学習プロジェクト「Mitsua Likes(ミツア・ライクス)」。これは、権利的/心理的にクリーンなデータのみで完全にゼロから学習する日本語/英語バイリンガルの画像生成AIモデル。膨大な数の画像を学習する一般的な画像生成AIモデルと比べると、権利がクリーンなデータをユーザーから受け取り活動する「絵藍ミツア」プロジェクトは、学習枚数が圧倒的に少ない—、その特徴を活かして、本プロジェクトではユーザーの「Likes」(好きなこと)を集めていくことで、その趣味嗜好を色濃く反映し、世界一個性的な画像生成AIへと成長する可能性を秘めているという。

この新プロジェクト「Mitsua Likes」では、学習データの安全性と透明性をさらに向上させ、「AIとみんなでつくるアート」を体現した新しいAIアートの可能性を示すとともに、誰でも安心できる画像生成AIの実現を目指すとしている。

絵藍ミツアにあなたの「Likes(好き)」を教えるプロジェクト「Mitsua Likes」に参加して欲しいという。

画像生成AIプロジェクト 絵藍ミツア「Mitsua Likes 」

関連URL

公式ウェブサイト
X(旧 Twitter)
アブストラクトエンジン

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る