参加者の脳波をもとにAIでアート作品をつくる体験型アートイベント20日・21日開催

AIの社会実装事業を展開するクリエイターズネクストの窪田望 代表取締役がプロデュースする、AIを活用した体験型アートの展覧会を1月20日・21日にサンガスタジアム by KYOCERA内で開催する。

本イベントは、亀岡市が実施する「サンガスタジアムby KYOCERA・イノベーション・フィールド実証事業」の一環で行われるもので、デジタル技術でスタジアムの新しい活用方法を検証・チャレンジする取り組み。最新のデバイスで参加者の脳波を読み取り、その場でAIがアート作品を生成し会場の大型モニターに投影する。1月20日には亀岡市の桂川市長も来場し、脳波をもとにしたアート作品の生成を体験し、窪田望 氏とのトークセッションを行う予定。

窪田望 氏は国内外で17のAI特許を持ち、それらのAI特許を活用した謎解きゲームを東京・巣鴨の商店街や、福島県会津若松市、過疎化が進む山形県西川町で開催してきた。山形県西川町での謎解きゲームでは7カ月で1億5000万円以上の経済効果を生んだ実績や、山形弁を標準語に翻訳するAIの開発などが評価され、デジタル田園都市国家構想応援団から地域DXプロデューサーの最高ランク認定なども受けています。

詳細

開催概要

『あなたの脳波からAIでアートをつくる展』
開催日時:
1月20日(土)13:00~19:00
1月21日(日)10:00~19:00
開催場所:サンガスタジアム by KYOCERA内 e-スポーツゾーン
参加費:無料

関連URL

クリエイターズネクスト

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る