AIカメラサービス「メバル」、浄土真宗本願寺派生田山信行寺で年末年始の参拝者のカウントに活用

IT関連サービスおよびシステム開発・運営事業などを手がけているTARA(タラ)は16日、独自開発・提供しているAIカメラサービス「メバル」を浄土真宗本願寺派生田山信行寺に提供したと発表した。AIカメラの設置により年末年始の参拝者の人数カウントを自動化することで、非属人的なデータ収集を可能にし、人手不足の解決に活用した。

従来は年末年始の参拝者を人の手によりカウントしていたが、人手不足の関係や夜間の作業になるため人を介してのカウントが難しいという課題があった。人の手によるカウントをAIの力で代用することができるのかを試してみたいということで、今回同社のAIカメラを利用することになったという。

同社AIカメラは、屋外対応が可能。また、工事不要の簡単設置と短期間のレンタルプランにより、今回のような「屋外での人数カウントの短期間利用」を実現することができる。短期間のレンタルプランにより、年末年始の繁忙期の混雑状況をピンポイントで可視化することができる。また、同社AIカメラは夜間には暗視カメラに切り替わるため、解析が可能。屋外対応カメラによる人数のカウントにより、人手不足の解消に貢献できるとしている。

AIカメラサービス「メバル」は、カメラを設置するだけで写った画像から人工知能(AI)が自動で人物を判別・学習するサービス。設置場所の利用状況・混雑状況をリアルタイムで確認できるほか、性別や年齢などの属性データを取得する機能がある。

現在、商業施設の喫煙室内にAIカメラを設置し、喫煙室外のモニターにリアルタイムの混雑状況や混雑しやすい時間帯を表示する取り組みを行っている。このほか小売店や飲食店、会議室、オフィスビルの休憩室、ホテルなどにも導入し、混雑度の周知やマーケティング施策に貢献している。

▼AIカメラサービス「メバル」 サービス紹介動画

▼サービス料金
レンタルプラン 1カ月パック 3万9800円(税別)/月

関連URL

AIカメラサービス「メバル」
TARA

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る