プロシーズ、生成AIと連携した機能をeラーニングシステム「LearningWare」へ搭載

企業における人材教育支援をおこなう「LearningWare(ラーニングウェア)」を提供するプロシーズは24日、提出されたレポートに対するコメントをAIが自動生成する機能とAI顧客とのトークトレーニング(ロープレ)を実施できる機能を、2024年前半に搭載することを発表した。また、今後も継続的に生成AIと連携した機能をリリースしていく予定だという。

生成AI技術の活用により、学習効率化や業務効率化を実現、業務改善のヒントになる情報の提示など、様々な新しい価値提供が可能になってきた。プロシーズでは、自社が提供する「LearningWare」で生成AIを活用した機能開発を進め、導入企業様に生成AIがもたらす新たな価値提供を行っていく。

<2024年前半に搭載予定の機能紹介>
・AIコメント機能
提出されたレポートに対してAIが自動採点する機能は既にあるが、今回、さらにレポートに対するコメントをAIが自動生成できるようになる。
学習後に得られた知識や理解度を評価するために提出されるレポートだが、様々な業務を兼任している上司や人事部などが評価担当者を担っているため、その評価・コメントを行うことが負担となっているケースがある。これに対して、生成AIが評価業務をサポートするため、適切なコメントを提示し、業務負担を軽減する。

・営業AIロープレ機能
AIが仮想の顧客としてコミュニケーションすることで、営業のトークトレーニング(ロープレ)を実施できる。
ロープレを実施することは、理解を深め、実践力を高める上で重要な取り組みですが、評価者や顧客役を務める第三者が必要です。これをAIが担うことで負担を軽減する。
現在AIとのやりとりはチャット形式だが、今後音声形式でも可能にしていく予定。

関連URL

プロシーズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る