ナレッジセンス、ChatGPTにWebサイトを1000件まで読み込み・学習させる機能

ナレッジセンスは8日、社内データ・追加データをChatGPTに追加学習できるチャットボット「ChatPro」で、「追加学習」オプション利用可能な「Webサイトの追加学習機能」について、学習先として指定できるURL数を1000件まで引き上げたことを発表した。

当初の100件という上限から、リリース後1カ月で10倍の上限に引き上げることに成功した。通常のChatGPTでは、URL読み込みする機能はないが、ChatProを利用すれば、URL読み込みした上で、そのWebサイトの情報に詳しい社内向けAIを簡単に作成することができる。

ChatGPTは、まるで人間であるかのように回答できるAIチャットボット。ChatGPTは、多くの企業で導入され、業務活用され始めており、ナレッジセンスの「ChatPro」においても、セキュリティなど法人向けの強みが注目され、東証プライム上場企業を含む大手企業等、200社以上に導入されている。

しかし、通常のChatGPTでは、指定したWebサイトの情報を、予め学習させておくことはできない。ChatProの追加学習機能を利用することで、ChatGPTにWebサイトの内容を追加学習させることが可能。定期的に変更される公開Webサイト(法令やFAQなど)について、毎度コピー&ペーストすることなく、簡単に学習させることが可能だという。

ChatGPTにWebサイトを読み込ませるには、ChatProの追加学習機能を利用する。ChatGPTにWebサイトを読み込ませることができる上限は、1つの「追加学習AI」あたり1000件まで。ChatProがリリースしたWebサイト読み込み・学習機能は、当初100件までURLを登録可能な機能だったため、今回のアップデートにより、10倍まで上限を拡張したことになる。

■ 「追加学習」機能の特徴
1.ChatGPTにもない独自機能 ― 自社データを取り込んだAIの構築 ―
ChatGPTには、独自文書を読み込んで社内共有する機能はない(*既報2023年10月24日現在)。ChatProの新機能「追加学習」プラグイン機能では、以下のファイル形式のドキュメントをアップロードし、それに基づいてAIが回答するよう設定が可能。

アップロード可能な独自データ形式:xls, txt, csv, doc, docx, pdf, html, URLで特定のWEBサイトを指定

また、複数ファイルの読み込み可能、複数のAIの作成が可能、原稿用紙100万枚分までの学習が可能(上限の引き上げも相談可)です。

2.回答の参照元も必ず提示、AIの嘘を見抜く
ChatGPTのデメリットの一つには、回答生成に用いた情報が確認できない、という点がある。しかし、ChatProの追加学習機能では、回答に利用した社内データの参照を常に表示することが可能なので、いつでも元のドキュメントを確認し、AIの回答をダブルチェックすることが出来る。

ChatProの「追加学習」機能に関する詳細

関連URL

ナレッジセンス

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る