HOUSE、生成AIローコード開発プラットフォーム「imprai(インプライ)」発表

大手メディアなどのITシステムを手掛けるHOUSEIは1日、生成AIを活用したアプリケーション開発を容易に行うことができる生成AIローコード開発プラットフォーム「imprai(インプライ)」を発表し、併せてプレリリース版の利用企業の募集を開始した。

利用企業では、最新の生成AIを活用した自社の業務改善アプリケーションなどの開発をコーディング知識がなくとも容易に行えるため、低コスト・短期間でのアプリケーション開発と業務適用ができるようになる。HOUSEIは、プレリリース版の運用・検証で利用企業からのフィードバックを活かし、本年9月ごろを予定しているリリースに向けてさらなる機能改善を行っていくという。

「imprai」– 特徴
「ChatGPT-4o」「Gemini Pro」「Llama3」「Qwen」「DeepSeek」をはじめとしたLLM(大規模言語モデル)や画像生成AIなど、生成AI はめまぐるしく発展し続けている。また、生成AI基盤モデルと企業などの持つ自社データを活用して業務改善のためのアプリケーション開発を行いたい、そういったニーズが企業や官公庁、学校などの現場でますます増加している。しかしその際に直面するのが、技術者不足・予算不足・時間不足といった課題。

「imprai」では、高度なプログラミングスキルが無くとも目的に応じた生成AI連携アプリケーションを容易に開発できるため、短期間・低コストで業務適用することができる。

・容易な開発 – 複雑なタスク処理でも、AIアシスタントがチーム開発をサポート
・分かりやすいUI – 直観的なインターフェースで、快適な作業環境を実現
・ナレッジベースの簡単構築 – 自社データの連携を容易に実現
・テンプレート管理 – チームメンバーやエージェントによって生成されたすべてのデータを管理可能

「imprai」プレリリース版 利用企業様募集
・「コストをかけずに、生成AIで業務改善を行いたい」
・「セキュアな環境で構築したい」
・「自社に生成AIの開発スキルを持った人材が不足している」

上記のような課題を抱える企業を、プレリリース版の導入先として想定している。興味のある企業は「imprai」サービスサイトの利用申込みボタンから注意事項等を確認し、同意の上で申込む。HOUSEI担当者から案内する。なお、競合となるサービスや企業の申込みは断っており、すべての申込みを受付できない場合がある。

「imprai」サービスサイト

関連URL

HOUSEI

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る