GMOインターネット、「GPUクラウド byGMO」を年内無償提供

GMOインターネットは20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたデータ解析や、治療薬開発の研究を行う法人・団体を対象に、高速演算処理が可能なNVIDIA社のGPU「Tesla V100」を搭載したクラウドサービス「GPUクラウド byGMO」を、期間限定で無償提供すると発表した。

4月20日から5月31日まで対象となる法人・団体の申し込みを受け付け、審査完了後から2020年12月31日まで無償で提供する。

これにより、日夜尽力している研究者の取り組みを加速させる一助となり、その結果として、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの早期の解析や、治療薬の開発に貢献したいとしている。

「GPUクラウド byGMO」無償提供について

対象プラン:全プラン(1GPUプラン/2GPUプラン/4GPUプラン)
*オプションサービス含む
各プランの仕様
無償提供期間:2020年12月31日(木)まで
対象:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的とした研究、治療薬の開発等を行う法人または団体。
申し込み期間:2020年4月20日(月)~2020年5月31日(日)23:59
申込方法:申し込みURL内の『詳細』欄に研究概要を入力の上、申し込む。

関連URL

「GPUクラウド byGMO」
GMOインターネット

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る