いえらぶGROUP、RPAが物出し作業を代行する「らくらく物出しロボ」提供開始

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供するいえらぶGROUPは21日、RPAを使った新サービス「らくらく物出しロボ」をリリースした。

これにより、業者向けサイトからの物件選定・登録業務をロボットが自動で行うことができ、不動産業務を効率化する。

物出しとは、仲介会社が業者向けのサイトを確認し、自社で広告掲載・案内する物件を選定、自社システムに登録する作業。管理会社はそれぞれ独自の業者向けサイトを運営しているため、仲介会社にとって、多数のサイトを確認する手間とその後手作業で入力する効率の悪さが課題だという。

今回リリースした「らくらく物出しロボ」は、指定されたサイトをRPAが自動で確認し、自社システムに登録する業務を代行する。これにより、時間が大幅に短縮・コストカットできることに加え、人的作業で発生するミスを削減することが可能だという。

関連URL

サービス詳細
いえらぶGROUP

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る