センシンロボティクスとACSL、ドローンソリューション構築と社会実装に向け連携

センシンロボティクスと、自律制御システム研究所(ACSL)は23日、BtoB向けドローンソリューション構築とその社会実装に向け連携を開始したと発表した。

今回の業務提携により、エンドユーザーの業務課題に対して、用途別に特化されたドローン機体やソフトウェアシステムを含むソリューションの構築、効果検証の実証実験、そして実オペレーションへの導入、導入後のアフターサポートといった、ドローン利活用の全フェーズをシームレスに提供することが可能になるという。

その第一歩として、ACSLの産業用ドローンとセンシンロボティクスが提供する自動航行プラットフォーム『SENSYN FLIGHT CORE』への接続開発が完了、ソリューションの提供を開始する。物流分野では棚卸業務など屋内点検業務の完全自動化、屋外におけるドローン物流の完全自動化のへの取り組みが可能になる。また点検分野では、遠隔監視、遠隔管理による定期点検が可能になる。

センシンロボティクスとACSLは、ドローンの加速的な社会実装においては、機体開発を含めたソリューション構築の段階から、実オペレーションや導入後の支援体制を含めた検討・検証が不可欠であると認識を共有している。今回、ACSLが強みとする実証実験(PoC)を通した機体開発と、センシンロボティクスが強みとするソリューション構築・社会実装力を組み合わせることで、エンドユーザーに対して高品質なワンストップのドローン利活用支援が提供できるようになった。

また、ACSL産業用ドローンとセンシンロボティクスの『SENSYN FLIGHT CORE』への接続開発が完了したことにより、物流、インフラ点検、防災・災害対応等の幅広い分野において、より安全かつ高効率な完全自動化のドローンソリューション提供が可能となった。ドローンの自律飛行や自動離着陸が実現したことに加えて、飛行中・飛行後のフライトログ管理、カメラ等のセンサーデータ管理の一元管理が可能だという。

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る