シー・システム、特別定額給付金向けAI手書き文字認識サービスを開始

シー・システムは7日、京都電子計算が提供する「自治体向けAI手書き文字認識サービス」(LGWAN)を利用した「特別定額給付金向け AI手書き文字認識サービス」を提供開始した。

よりスピーディに現場に導入し、迅速に支給処理できるよう、特別定額給付金申請書の帳票等のノウハウを合わせて提供する。

今回、総務省から国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」の申請方法などが公表された。申請は郵送かネットで受け付けることになっている。ネットの場合はマイナンバーカードが必要となる。

しかし、マイナンバーカードの普及率は1割程度(2019年11月時点で14%)。このことを踏まえると、郵送による手続きが大半を占めることが予想される。全世帯数が約5800万世帯あることを考えると、膨大な書類が地方自治体で処理されることが想定される。

現在、迅速に給付することが必要である中、大量に郵送された手書き書類を短時間で、かつ正確に処理することが地方自治体の現場に求められている。

シー・システムではこれまで自治体に導入してきたAI手書き文字認識サービスやそのノウハウを提供するべく、特別プランで提供することを開始た。

サービス提供の概要

提供対象者:「特別定額給付金」支給業務に従事する地方公共団体等
プラン利用期間:2020年5月1日から2020年9月末

価格・申込方法の問合せ

関連URL

京都電子計算
シー・システム

関連記事

注目記事

  1. 2022-12-27

    ユビタス、Smart Surgery社の医療ロボットの手術トレーニングにVRストリーミング技術を提供

    ユビタスは22日、クラウドゲームとメタバース関連のソリューションを提供し、Smart Surgery…
  2. 2022-12-19

    テクノスピーチ、AI歌唱ソフト「VoiSona」で新規ボイスライブラリを発売

    テクノスピーチは19日、最新のAI技術で人間の歌声をリアルに再現する音声創作ソフトウェア、「VoiS…
  3. 2022-12-14

    アルバルク東京、AIバスケットボールロボット 第六世代「CUE6」を24日お披露目

    アルバルク東京は13日、AIバスケットボールロボットの第六世代「CUE6」を、12月24日にアリーナ…
  4. 2022-12-13

    エフィシエント、AI面接練習アプリsteachに「伝わりやすさ」を解析する新機能が追加

    エフィシエント(EFFICIENT)と、就職支援事業を展開するジェイックが共同開発する面接練習アプリ…
  5. 2022-12-8

    North Hand、AI画像解析技術で介護施設利用者の事故対処する「N-SYSTEM-ai」提供開始

    現場からの声を元にした介護記録システム等の開発を手掛けるNorth Hand(ノースハンド)は8日、…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る