ローズクリエイト、点検工事も検針人員も不要な後付け型スマートメーター

エッジAI関連事業の企画や開発を手掛けるDeep Visionは11日、工場などの既設の電気・ガス・水道などのメーターを遠隔検針可能にする、後付け型スマートメータリングシステム「OCR式LPWA*1自動検針サービス」を6月から販売開始予定だと発表した。また正式版のリリースに伴い、販売パートナー企業の募集も開始する。

これにより、従来、検針員による毎月の目視検針業務の自動化、作業員が設備の点検・監視業務に費やす時間を短縮し、記録ミスの防止などを実現するという。

「OCR式LPWA自動検針サービス」は、自動検針システムとは検針を自動化し、使用状況をPCやスマホなどで見える化する、公共料金の検針を根本的に変えるシステム。新型コロナウイルスの沈静化後、今後の都市再生に大いに貢献する、新たなソリューションとして注目されているという。

*1:LPWAはLow Power Wide Areaの略で、小電力で長距離通信が可能な通信方式の総称。

関連URL

「OCR式LPWA自動検針サービス」

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る