ネットスマイル、「AIスキャンロボ」の読取り機能に中国語・韓国語・タイ語を追加

人工知能(AI)によるサービスを開発するネットスマイルは15日、AI-OCRサービス「AIスキャンロボ」の読取り機能に、中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・タイ語の3ヵ国語を追加し、既存の日本語・英語と合わせて全5カ国語での多言語対応を開始した。

AIスキャンロボは、AIを活用した文字認識(OCR)技術のサービス。一般的なAI-OCRでは、1行に1データがある書類は読み込むことができるが、多段組など複雑な形式の請求書等の帳票には対応できていない。「AIスキャンロボ」は、複雑な形式の帳票が読み込める機能(特許出願中)を搭載しており、複雑で多種類の帳票のデータ化を可能にしている。

現在、企業のグローバル化は年々加速しており、多言語を利用したビジネスは今後もますます増えてくることが予想される。日本国内ではホワイトカラーの生産性を高めるべく近年急速に普及してきたAI-OCRサービスだが、海外においては言語などの問題によりAI-OCR化に課題を抱えている例も少なくないという。そのような課題を解消すべく、ネットスマイルでは「AIスキャンロボ」の多言語対応の開発を進めてきた。

この度、AIスキャンロボでは、従来の日本語・英語に加え新たに中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・タイ語の3ヵ国語のAI-OCRによる読取りを可能にした。これらの国々と取引がある企業、海外に拠点を持つ企業にとって幅広い利用が期待されるという。

関連URL

ネットスマイル

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る