Fracta、AIを活用した水道管劣化予測技術を愛知県豊田市へ実践導入

シリコンバレー発のAI/機械学習技術を駆使した水道インフラのイノベイティブ企業であるFracta(フラクタ)は25日、愛知県豊田市上下水道局と全国初となる業務委託契約を締結したと発表した。

今回の契約「水道管劣化予測データ作成業務委託」において、FractaはAI技術を活用した独自のオンライン管路診断ツールを用いて、対象となる水道管の劣化状態を予測診断する。高精度に解析された破損確率は、豊田市上下水道局の水道ストックマネジメント計画にて決定した優先順位を補完し、管路の劣化状況を詳細に把握することで、効率的な管路更新を実現するという。

近年、水道管の老朽化や自然災害による漏水・破損事故が各地で発生するなど、水道インフラの健全性に対する懸念や課題が顕在化する傾向にあり、各水道事業体は対応に追われている。多くの水道事業体では、主に水道管の設置年数に基づいた水道配管の更新を行っており、配管周囲の環境が与える劣化への影響を十分には考慮できていないのが現状だという。Fractaが独自に収集した膨大な環境情報(1000以上の環境変数を含むデータベース)を用いることで予測精度を向上し、更新計画の最適化を図るという。

関連URL

Fracta

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-8

    GA-ASI、海上保安庁の遠隔操作無人機の飛行実証を日本で実施

    遠隔操縦無人機(RPA)システムの大手メーカー、米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システ…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る