JBS、「Microsoft 365」の蓄積データを分析し働き方改革を推進するサービス提供開始

日本ビジネスシステムズ(JBS)は29日、「Microsoft 365」に蓄積されたデータを、日本マイクロソフトが提供する「Microsoft Workplace Analytics」*1によって分析し、組織の働き方を可視化する「コラボレーションスタイル診断サービス with Microsoft Workplace Analytics」をリリースした。実データに基づいた働き方改革の一手となるサービス。

数多くのマイクロソフトクラウドソリューション導入を手掛けてきた JBS が、6週間という短期間で組織の働き方を可視化し改善機会を提供する。可視化したデータから働き方の示唆を得ることで、コミュニケーションやコラボレーションの傾向が分かり、実施しようとしている施策の KPI を定めやすくなるなど、働き方改革の評価軸を決めやすくなる。また、組織の強みを浮き彫りにすることで、組織改革の検討を進めやすくなる等の効果もあるという。

*1:Microsoft Workplace Analyticsとは、「Microsoft 365」が蓄積している社員のメールと予定表、Web 会議やインスタントメッセージのメタデータと、組織データを結合することによって、コラボレーションスタイルや傾向、効率性に関する洞察を提供するクラウドベースのサービス。「Microsoft 365」E1、E3、E5の環境に対してライセンスが提供されている。

関連URL

コラボレーションスタイル診断サービス with Microsoft Workplace Analytics
日本ビジネスシステムズ(JBS)

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る