NTTドコモ、映像エッジAIプラットフォーム「EDGEMATRIX」を提供開始

EDGEMATRIX(エッジマトリクス)とNTTドコモは28日、EDGEMATRIX社が、現場(エッジ)でカメラ映像などをAI処理する「エッジAI」を簡単に導入、管理できる映像エッジAIプラットフォーム「EDGEMATRIX(エッジマトリクス)」の提供を開始すると発表した。

両社は、簡単にエッジAIを利用できる環境の提供をめざし、2019年8月に出資および業務提携に合意し、映像エッジAIソリューションの企画検討に取り組んできた。

今回提供開始する「EDGEMATRIX」は、屋内外に設置する多数のエッジAIデバイス「Edge AI Box」に対し、設置場所の管理や稼働状況の監視のほか、遠隔操作が可能。また、エッジAIデバイスで取得する映像データをリアルタイムに閲覧することができるほか、AIによる映像解析で何らかの危険や異常を検知した際に、メールなどでアラート通知することができる。

さらに「EDGEMATRIX」は、本プラットフォーム上で利用するAIアプリの購入ができる「EDGEMATRIXストア」を備えている。サービス開始時には、「顔と体温検知」「密接と密集検知」「赤ちゃんうつぶせ寝検知」「ナンバープレート検知」「侵入検知」の5種のAIアプリを提供。ストアから最適なAIアプリを購入することで、容易にAIソリューションの導入が可能となる。今後AIアプリは、順次追加予定となっており、年内には20種類を超えるアプリの提供をめざすという。

「EDGEMATRIX」は、月額4300円から利用できる。また、「EDGEMATRIX」に加え保守と無償交換サポート付きの「Edge AI Box」機器レンタルをまとめたサブスクリプション形式は、月額1万300円から利用できるため、低廉なコストでエッジAIを実現することができるという。

また、AIアプリを提供するAIアプリ開発パートナー向けには、「Edge AI Box」の処理性能を最大限に生かし、短時間に効率的な開発を行うための技術文書やツールのセット「EDGEMATRIX Stream Toolkit」を提供。開発したAIアプリは、「EDGEMATRIXストア」で販売可能。

関連URL

EDGEMATRIXサービスページ
NTTドコモ

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る