AIシステム開発のOzWay、次世代型ハイブリッドAIシステム「ドロシー」を発表

OzWayは2日、自然言語処理技術と画像処理技術を応用した次世代型ハイブリッドAIシステム「ドロシー」を発表した。

このハイブリッドAIシステム「ドロシー」には現在6つの機能が準備されているので、導入を検討している各企業の要望に合わせて機能を組み合わせたり、アルゴリズムのチューニングをすることで細かなニーズに応えることが可能だという。

「ドロシー」6つの機能である、「1)画像認識機能」「2)類似画像抽出機能」「3)価格査定機能」「4)文章生成機能」「5)トピック要約機能」「6)物体検出機能」によって、従来機能ごとにシステム導入が必要だったものを、ハイブリッドAIシステム「ドロシー」の各機能を組み合わせたり、各アルゴリズムのチューニングを行うことで、多様な機能をワンストップで導入する事が可能となり、また導入コストの低減やスケジュールの短縮が可能となったという。

関連URL

次世代型ハイブリッドAIシステム『ドロシー』
OzWay

関連記事

注目記事

  1. 2021-7-21

    オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイ…
  2. 2021-7-20

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIサービス導入企業へのインタビュー記事配信開始

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-7-16

    AIとAR搭載のドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』のiOS版を提供開始

    ナビタイムジャパンは16日、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』(エアカム)…
  4. 2021-7-14

    内閣府、最先端科学技術を200点以上展示した「Society 5.0科学博」が開幕

    内閣府は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)との共同主催で、Society 5.0の実現に資するあら…
  5. 2021-7-13

    スペクティ、AIで出雲市の浸水被害を3Dマップにシミュレーション

    防災テックベンチャーのSpecteeは13日、島根県出雲市で2021年7月12日に発生した河川の氾濫…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る