AIシステム開発のOzWay、次世代型ハイブリッドAIシステム「ドロシー」を発表

OzWayは2日、自然言語処理技術と画像処理技術を応用した次世代型ハイブリッドAIシステム「ドロシー」を発表した。

このハイブリッドAIシステム「ドロシー」には現在6つの機能が準備されているので、導入を検討している各企業の要望に合わせて機能を組み合わせたり、アルゴリズムのチューニングをすることで細かなニーズに応えることが可能だという。

「ドロシー」6つの機能である、「1)画像認識機能」「2)類似画像抽出機能」「3)価格査定機能」「4)文章生成機能」「5)トピック要約機能」「6)物体検出機能」によって、従来機能ごとにシステム導入が必要だったものを、ハイブリッドAIシステム「ドロシー」の各機能を組み合わせたり、各アルゴリズムのチューニングを行うことで、多様な機能をワンストップで導入する事が可能となり、また導入コストの低減やスケジュールの短縮が可能となったという。

関連URL

次世代型ハイブリッドAIシステム『ドロシー』
OzWay

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る