ユーザックシステム、AI-OCR×RPAソリューションの提供を開始

アプリケーションソフトの開発、IT関連サービスを提供するユーザックシステムは16日、AI・人工知能開発のリーディングカンパニーであるネットスマイルと提携し、紙帳票を基幹システムに入力する作業に課題を抱える企業向けに、AI-OCRとRPAとの組合せによって一連の作業を自動化させ、飛躍的に業務効率を向上させるソリューションの提供を開始した。

今回、提供を開始したのは、紙帳票をデジタルデータ化するネットスマイルの「AIスキャンロボ」と、パソコン操作を自動化するユーザックシステムのRPA「Autoジョブ名人」を連携させたソリューション。本ソリューションを導入することで、スキャンした紙帳票のデータ化から基幹システムへの入力までの自動化を実現。データ入力作業の大幅な効率化が可能になるという。

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークが推奨されるなか実施された「新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査(日本CFO協会)」によれば、調査対象企業のうち、約3割の企業がテレワークの実施に踏み切れなかったという。その理由として最も多かったものが「請求書や契約書など、紙書類のデジタル化に対応できていない」だった。また、テレワークを実施した7割の企業についても「紙帳票の処理のため、出社の必要が生じた」と回答している。つまり、紙帳票のデジタル化やクラウド化の環境整備が進めば、テレワークに臨める人員の増大や出社回数の軽減をさらに進められるのではと考えられるという。

本ソリューションは、2カ月間無償でトライアルいただけるキャンペーンを実施中。
キャンペーンサイト

関連URL

「AIスキャンロボ」
「Autoジョブ名人」
ユーザックシステム

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る