セキド、世界最小水中ロボットアームの販売開始 Blueprint Lab社と代理店契約

セキドは25日、Blueprint Lab社(オーストラリア)と正規代理店契約および販売パートナー契約を締結し、ROVや水中ロボットに搭載可能な多関節アーム「Reach Alpha」および「Reach Bravo」の販売を開始した。

低価格かつ高精度な水中ロボットアームは様々な環境に対応するため、過酷な水中作業リスクを大幅に減らすことが可能になったという。

また、水中ロボットアームの発売に合わせて、7月1日15時から「Reach Alpha」のライブデモを実施するWebセミナーを実施する。

ROVや水中ドローン向けに開発された Reachシリーズは、世界最小の水中ロボットアーム。従来の水中マニュピレーターと比較し、小型かつ数十分の1となる「290万円~」という低価格を実現している。

ReachAlpha の乾燥重量は1360g(水中900g)にも関わらず、深度 300mまで耐圧性能を確保している。動作精度は 0.1°を実現しており、綿密な検査作業と複雑な作業を必要とする新時代のオペレーターにとっては必需品となるもの。5軸の「Reach Alpha」および、より強力かつ7軸の「Reach Bravo」の2種類を中心とし、各種先端ツールや直感操作を可能にする「マスターアーム」など発展性のあるアクセサリーを用意している。

【WEBセミナー】水中ドローン・ROV最新情報セミナー 概要

開催日時:2020年7月1日(水) 受付:14時30分~ セミナー:15時〜16時30分
参加費用:無料
WEBセミナー利用ツール:Zoom

詳細ページ

関連URL

セキド水中ロボティクス相談窓口
セキド

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る