OSTech、ARソリューションAugmentalis「WorkView」が日本市場へ初上陸

アウトソーシングテクノロジー(OSTech)は30日、AR(拡張現実)のアプリケーション開発を手掛けるAugmentalis(アメリカ)製品の販売を開始すると発表した。

両社は国内総販売代理店契約の締結に合意しており、7月から日本での製品の販売開始を予定している。

Augmentalis社のアプリケーション「WorkView」は、音声と頭の動きによるカーソル操作(ヘッドモーション)により、オフィス文書の編集やカメラでの撮影・文字入力を行うことが可能。製造・建設・医療分野のほか、あらゆる現場作業を伴うシーンにおいて、作業者は両手がふさがった状態でも、音声によりWebアプリケーションの操作や、作業マニュアル等の説明動画を表示させ作業を行うことができる。

複数のWebアプリケーションを同時に起動できることも、「WorkView」の特徴の一つ。
たとえば、工場でのメンテナンスの現場で、作業マニュアルを開きながら、カメラで現場の状況を撮影し、遠隔地にいる指示者と画面を共有しながら助言を受け、作業レポートを作成する、といった複数画面を使った同時処理が可能。各種Webアプリケーションや、Eメール、ドキュメント、Microsoft 365、Web会議ツール(Zoom、Skype、Webex等)等、あらゆるツールを利用でき、PCのデスクトップ画面のように、効率的な作業環境をスマートグラスで実現できるという。

従来のARアプリケーションでは、表示内容やレイアウトのカスタマイズにIT部門のサポートが必要だったが、「WorkView」はすべて音声で操作が可能。サーバや環境構築が不要のため、スマートグラスを準備するだけで、すぐに現場でARアプリケーションを利用できる。

「WorkView」は、iOS版、Android版を提供しており、端末はスマートグラス、スマートフォン、タブレットに対応している。対応言語は、英語、中国語のほか、今回の日本市場への参入にあたり、OSTechと共同で開発し、日本語での対応も可能となった。音声コマンド指示のほか、音声認識による文字入力も可能。今後は、スペイン語、フランス語、イタリア語の対応を予定しているという。

関連URL

Augmentalis紹介サイト
アウトソーシングテクノロジー

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る