ギブリーとCData、AIアシスタント「PEP」からのリアルタイムデータ連携を開始

標準データドライバーおよびデータ連携ソリューションのCData Software(米国ノースカロライナ州)は7日、ギブリーと協業し、AI アシスタント「PEP」からのオンプレミス・クラウドDB やSaaS など200種類以上のデータソースへのリアルタイムデータ連携を開始した。本提携により、多様なデータにアクセスできるPEP チャットボットがあらゆる業務の入り口となり、社内データの有効活用を後押しする。

PEP は誰でもカンタンに AI アシスタント(チャットボット)を作成できるツール。チャットやメール、電話での社内問い合わせ対応をチャットボットにより実現し、独自のAPI 連携機能により、ユーザー企業が利用中のクラウドサービスなどとの連携も可能なソリューション。

しかしこれまではユーザー企業の顧客情報や社内マニュアルがオンプレミスのデータベースにある場合、ユーザー企業側でAPI を新たに作成する必要があった。また、Salesforce、kintone、SharePoint、Jiraといったクラウドサービス上に情報がある場合も、個々のAPI の知識が必要であり連携には一定のハードルがあった。

本提携では、CData API Server が企業の社内外のデータベースや200種類以上のクラウドサービスをPEP からアクセス可能にする。CData API Server の構築はノーコードでPoint-and-Click で行うことができ、PEP 向けのセキュアなバックエンドデータ連携を短期間で構築できる。チャットボットから社内データの情報を参照したり、Salesforce やSharePoint 内のデータを読み書きするなど、企業のバックオフィス業務を効率化し、DXをサポートするという。

関連URL

API Server
ギブリー、PEP
CData Software

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る