これから、新型コロナウイルス対策AI高性能検温モニタ「WATCHER」発売

防災ソリューションを推進するこれからは15日、AI高性能検温モニタ「WATCHERウォッチャー」取り扱い開始にあたり、先着1000台に限り通常月額2万円/月(税別)を1万7000円/月(税別)で提供する特別キャンペーンを実施すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大にともない、暮らし方、働き方、学び方。これまでの当たり前が、変わろうとしている。人々が待つのは、より健康を意識する新しい常識。これからの生活を守る確かな技術。それが、非接触体温測定顔認証システムWATCHER(ウォッチャー)だという。

WATCHER(ウォッチャー)は、顔認証と検温を同時に確認できる高性能検温モニタ。その機能を活かして、企業や学校での出勤・出席管理や、自動扉の連動開閉も可能。また、複数のWATCHERを1台のPCで一元管理が可能。

官公庁・飲食店・学校・オフィス・病院・介護施設・公共機関・商業施設など、多くの人たちが集まる場所の入り口に設置することにより、入室・入館前の感染者の発見、注意喚起が可能になり、感染拡大予防および来訪者の安心につなげることができるという。

キャンペーン概要

〇価格
「高性能検温モニタ WATCHERウォッチャー」
本体価格:2万円/月(税抜)→特別価格1万7000円/月(税抜)
購入:25万円(税抜)→特別価格19万8000円/月(税抜)
〇セット内容
本体・接続ケーブル・専用スタンド 小 or 大 1つ込み
〇最小注文セット
1セットから
〇オプション
・クラウド利用料:2000円/月(税抜)
・初期設定(別途見積り)
・オンラインサポート(別途見積り)

関連URL

これから

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  2. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  3. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  4. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…
  5. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る