セカンドサイト、保険データとAIを活用した個人向けローン審査モデルを開発

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険とセカンドサイトは27日、三井住友海上の個人向けローン商品を対象に、保険データとAIを活用した新たな審査モデルを開発したと発表した。7月から試行的に開始し、2020年度中の本格展開を目指すという。

今後、三井住友海上とセカンドサイトは、本モデルを活用し、個人向けオートローン等の商品を強化していく。また、三井住友海上は、顧客が自動車を購入する際に、ローンと保険の双方を提供し、顧客サービスの向上を目指す。

本モデルは、三井住友海上が保有する保険データと、セカンドサイトが保有するSXスコア等にもとづくAIを活用した個人向けローン審査モデル。三井住友海上は、提携先企業の従業員によるオートローン等の申込みに対して、本モデルを活用して審査する。

本モデルの導入により、従来2日程度要していた個人ローンの審査を瞬時に行い、顧客へ迅速に回答する。

関連URL

セカンドサイト

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-21

    「音声によるマイクロ・ロボットタクシー Mopiの呼び出し」の社会実験を実施

    PerceptIn Japan(パーセプティン)は21日、マクニカおよびコトバデザインと共同で、平城…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る