AI契約書チェックサービス「LawFlow」、登録ユーザー数が300名を突破

LawFlowは28日、AI契約書チェックサービス「LawFlow」の登録ユーザー数が、正式版ローンチから約4カ月で300名を突破しましたと発表した。

AI自動契約書チェックサービス「LawFlow」は、自然言語処理に特化した人工知能を用いた契約書チェックが無料から始められるリーガルテックサービスとして、法律事務所や企業の法務部門での導入が広がっている。弁護士が開発したAIが、いつでも契約書の全条文を自動チェックし、瞬時にリスクや必要な条文を教えてくれる。法律事務所や法務部だけでなく中小企業や個人事業主の在宅勤務・テレワークによる法務をも強化し、契約にかかる費用と時間を大幅削減できるという。

現在、在宅勤務・テレワーク支援キャンペーンとして、有料版の無料トライアルも実施している。

LawFlowで瞬時にレビュー可能な契約種類は、秘密保持NDA、業務委託、コンサルティング、システム開発、システム保守、インターネット広告掲載、売買基本、著作権譲渡、製造委託OEM、店舗営業委託、経営委託、労働、保守、講演等請負、番組等制作、工事(宅地)、工事(住宅)、人材紹介契約それぞれ2当事者の立場から合計36種類となっている(2020年7月24日時点)。

関連URL

LawFlow

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-22

    愛知県初、“AI・IoT・ロボット”“ゲーム・CG”分野の専門職大学が「認可」へ

    名古屋国際工科専門職大学は22日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会における審議の結果、本学の設置…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る