ロカリア、福岡の中小企業を中心に「AI開発支援サービス」を提供開始

ロカリアは、福岡の中小企業を中心に、少子高齢化・属人化による労働力不足問題を緩和すべく、不良品検知や予知保全などの人手不足業務をAIで支援するための「AI開発支援サービス」を、8月1日から提供開始する。

「AI開発支援サービス」のサービスでは、AIをビジネスに導入するにあたって必要な「課題整理・企画」「分析」「現場運用設計」「システム開発」の全工程に対して一気通貫で支援する。AI開発は従来型のシステム開発とは異なる側面も多く、必要な知識も多岐にわたるため、一部の工程に対する相談・支援にも対応。サービスリリースにあわせて、8月は先着無料で「データ活用のための簡易診断」を実施する。

AI活用シーンとしては、「製造業におけるフィールドエンジニア業務」「農業における収穫や農薬散布」など、これら活用シーンの他、別業種での活用相談にも対応するという。

関連URL

「AI開発支援サービス」 
ロカリア

関連記事

注目記事

  1. 2020-8-11

    ジョリーグッド、医療業界初の全国7拠点の病院をVRで繋ぐセミナー27日開催

    ジョリーグッドは、国士舘大学防災救急救助総合研究所が8月27日に開催する「第23回日本臨床救急医学会…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る