ロカリア、福岡の中小企業を中心に「AI開発支援サービス」を提供開始

ロカリアは、福岡の中小企業を中心に、少子高齢化・属人化による労働力不足問題を緩和すべく、不良品検知や予知保全などの人手不足業務をAIで支援するための「AI開発支援サービス」を、8月1日から提供開始する。

「AI開発支援サービス」のサービスでは、AIをビジネスに導入するにあたって必要な「課題整理・企画」「分析」「現場運用設計」「システム開発」の全工程に対して一気通貫で支援する。AI開発は従来型のシステム開発とは異なる側面も多く、必要な知識も多岐にわたるため、一部の工程に対する相談・支援にも対応。サービスリリースにあわせて、8月は先着無料で「データ活用のための簡易診断」を実施する。

AI活用シーンとしては、「製造業におけるフィールドエンジニア業務」「農業における収穫や農薬散布」など、これら活用シーンの他、別業種での活用相談にも対応するという。

関連URL

「AI開発支援サービス」 
ロカリア

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る