Sportip、オンラインAIフィットネス『SportipMeet』の提供を一部開始

Sportipは、新サービス『Sportip Meet(スポーティップミート)』の提供を一部開始。それに伴い、7月21日かrあクラウドファンディングを実施している。

Sportipは、筑波大学発ベンチャーとして今まで培ったAIをはじめとするテクノロジーを活用して全ての人の健康を創造できるようなサービスを開発している。

トレーニングは、孤独なもの。自分の生活リズムによってはなかなか気軽に行えない。また、自分のカラダや体調などに合わなければケガをしてしまったり、やる気を失ったりしてしまう。

Sportipは個人の身体の状態を可視化し、AIの力を活用しながら個人に最適化された楽しいトレーニングをいつでもどこでも誰でも、誰とでも行えるそんなオンラインAIフィットネスクラブを提供するという。

『Sportip Meet』は24時間いつでもどこでも誰でも、誰とでもゲーム感覚でフィットネスを受けられるオンライン上の総合型フィットネスジム。PCもしくはスマホ・タブレットを利用し、トレーナーからライブレッスンを受けることができるWebサービス。

ヨガ・自重トレーニング・姿勢改善トレーニング・体幹トレーニングなど幅広いトレーニングに対応。ウィズ/アフターコロナ時代におけるフィットネストレーニングのスタンダードだという。

関連URL

Sportip

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  2. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  3. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  4. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…
  5. 2021-5-31

    AI食事管理アプリ「あすけん」、「kawaii diet」iOS版の提供を開始

    会員数560万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは31日、サン…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る