ジークス、AI顔認識を活用した「グラウドサーモサイネージシステム」取扱い開始

ジークスは5日、新型コロナウイルスをはじめとした感染症による商業施設やイベント会場、ホテル等で正確・迅速かつスマートな体温測定のニーズに応えるため、AIによる顔認証技術を活用した、高性能サーモカメラとディスプレイを一体化したサイネージ型検温システム「グラウドサーモサイネージシステム」の取り扱いを開始した。

ウォークスルーにより、一度に複数人の検温が可能で設置も簡単なため、様々な施設、会場で使用する事が可能で、スタッフや来客の感染リスク低減、人件費削減につながるシステムだという。

AI顔認識により、複数人(最大30人)同時にウォークスルーで体温を測定し、体温が高い場合は警告灯、音声と画面、e-mailで警告する。

関連URL

資料ダウンロード(PDF
ジークス

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る