VIA、学校教育向けに人工知能と機械学習教育を加速する「VIA Pixetto」を発表

VIA Technologies, Inc.(台湾・新北市)は7日、12歳以上の生徒および学生を対象に、人工知能(AI)と機械学習(ML)を教えるための直感的で魅力的なプラットフォームとなるビジョンセンサー「VIA Pixetto」を発表するとともに、VIAストアを通じて販売を開始した。価格は1ユニットあたり85米ドルで、このほか送料が必要となる。

VIA Pixettoには統合されたツール群が付属しており、学生がAIとMLを支える基本的な原理と技術を簡単に理解し、独自のAIビジョン、工作およびロボットプロジェクトに適用することができる。

VIA Pixettoのハードウェア機能には、フルHDビジョンセンサー、Micro USB 2.0ポート、Micro SDカードスロット、マイクおよびArduino、micro:bit、Raspberry Piボードおよび周辺機器用のGroveコネクタが含まれる。

VIA Technologies, Inc.の国際マーケティング担当VPリチャード・ブラウンは、「AIとMLが日常生活のあらゆる分野に浸透していくなか、世界中の学校が生徒や学生にこれらの急速に発展する技術の理論的・実践的な知識を身につけさせることは、これまで以上に重要なものとなります」と説明する。さらに、ブラウンは、「VIA Pixettoの発売により、生徒や学生がAIとMLの基礎を学び、独自のプロジェクトを作成して潜在的なアプリケーションを探求するための直感的かつ魅力的なプラットフォームを提供することで、こうしたニーズに対応することが我々の目標です」と述べている。

関連URL

VIAストア 
VIA Pixetto製品情報
VIA Technologies, Inc.

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る