ライフログテクノロジー、AIによる栄養計算や体重予測でトレーナーの業務をサポート

食事・運動・バイタル管理アプリ「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジーは7日、フィットネスジムやアスリートなどのトレーナー向けに「カロミルアドバイスforトレーナー」を発売すると発表した。

本サービスはフィットネスジムや該当するサービスを運営する企業やトレーナー個人向けのもので、顧客の食事・運動・バイタルの管理・指導がオンラインで手軽にできるサービス。同社が開発したAIが顧客のカロミルアプリ内に記録された食事やバイタルデータを自動で解析し、栄養計算やアドバイス、体重予測する。トレーナーは栄養計算などの手間が省け、AI解析データを用いて食事・運動指導に専念することができ、精度の高い指導と業務の効率化が期待できるという。

新型コロナウイルス禍においてフィットネス業界の在り方は大きく変わった。3密を避けるため不特定多数が通うフィットネスジムでの運動ではなく、自宅でトレーニングをする「宅トレ」や、パーソナルトレーニングも対面からオンラインが求められるなど、新しいスタイルが確立されている。また、外出自粛や在宅時間が増えることで「コロナ太り」を気にする人も増え、健康管理への関心はより高まっている。本サービスは、「健康を維持したい」「コロナ太りを解消したい」といった悩みを抱える顧客と、新しい形態へ挑戦するフィットネス業界を繋ぐサービスとなるべく開発したという。

日常生活情報(ライフログ)を自動的にデジタル化できる機能を実装した「カロミル」は、ユーザー(顧客)の記録する手間を省き、簡単に健康情報を記録することを可能にした。そして、「カロミルアドバイスforトレーナー」は、記録は続けているものの、データをうまく活用することができないユーザー(顧客)とトレーナーの懸け橋となるという。

関連URL

ライフログテクノロジー

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  2. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  3. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  4. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…
  5. 2021-5-31

    AI食事管理アプリ「あすけん」、「kawaii diet」iOS版の提供を開始

    会員数560万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは31日、サン…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る